相続税とは

相続とは、「お亡くなりになった人」の財産を子孫などが受け継ぐことです。相続権には優先順位があり、家族に優先的に財産が配分されます。相続税は、この相続財産に対する税金です。「3代相続すれば財産がなくなる」と言われるほど、日本の相続税は高額です。節税として、生前に財産を分与する方もおられます。

サボテン相続において、一番重要なのが、「配分される財産の割合」です。原則として、遺族の財産は、その家族が引き取ります。ただし、第三者や財団、公的機関などに財産が寄付される場合もあります。例として、孤児院や学校など、公共性が高く、資金の不正流用の可能性が著しく低い施設への財産分与は、その一部が寄付とみなされます。国に財産を寄進される方もおられます。

財産相続は、親類間のトラブルに発展します。遺言状がない場合、法的手続きが難航し、訴訟合戦に発展するケースもあります。生前贈与など、様々な取り決めを行うことで、トラブルを未然に回避できます。多額の財産をお持ちの方は、生前のうちに、専門家に相談しましょう

相続税が多額になる理由は、地価にあります。土地の値段は、高度経済成長期以降、おおむね上昇し続けています。駅前など、利便性の高い土地は、高額での売買がされています。財産相続は、税金との戦いです。早めに税金対策を始めましょう。

路線価は変更される

家と電卓路線価とは、「その土地にいくら位の価値があり、相続税はいくらになるのか」を決める目安です。実勢値という概念もありますが、ここでは省略します。土地や家屋を相続するとき、必ず相続税がかかります。特に、大規模な土地を相続する場合、巨額の相続税が発生し、結果的に土地を手放す方もおられます。

路線価のメリットは、不動産業者に土地を売却する際に、路線価に設定されている値段を口実に、価格交渉ができる事です。路線価があることで、不当な値段で土地や建物を売りつけられるリスクを回避出来ます。路線価は、毎年7月に国税庁が発表しています。

路線価のデメリットは、土地の値段を画一化して決めてしまうことです。そのため、地域の内情を把握せず、転売目的で土地を購入する存在を防げません。株や債券のように、土地を高額で転売し、利益を得る業者が後を絶たなかった時代もありますので、警戒が必要です。

路線価は厳密に算定され、地域の経済発展状況や、その土地に対するニーズを反映した価格設定がされています。最も路線価が高い都市は東京23区です。銀座の商業地は「一等地」と呼ばれ、坪単価が1億円近くに及ぶケースもあります。

土地の厳密な価格算定は、不動産鑑定士に依頼しましょう。通常、個人が鑑定を直接依頼することは少なく、不動産会社が依頼を出す事が一般的です。不動産を購入されるときは、路線価にこだわらず、「その土地をどう使うか」まで考えましょう。その地域の「土地柄」を理解してから、土地を購入しましょう。

Back to Top