専門家に頼ろう

相続税の計算は、税理士などの専門家に任せましょう。税務署の判断を鵜呑みにせず、専門家が立ち会った上で、税金の支払額の交渉を行いましょう。原則、税金が支払えない場合、土地や家屋の相続はできません。相続放棄も視野に入れ、多様なプランを検討しましょう。

家と虹弁護士は、一般的な訴訟問題に加え、不動産に関する業務も行えます。もっとも、不動産相続を専門にしている弁護士事務所を利用した法が、より迅速に手続きが進むでしょう。大手事務所の場合、幅広い分野をカバーしており、大規模な相続案件への対応力も高いです。

相続税の算定は、税理士が行います。公認会計士の場合、税理士の資格登録を済ませる必要があります。税務の知識は広範に渡る上、専門性が深く、多くの書類が必要です。税務当局との話し合いにおいても、税理士が間に立つ事が多いです。

事務所選びは、第三者に任せましょう。大手事務所に相談した後、それぞれの種別のプロフェッショナルを紹介されるケースもあります。足元を見られないよう、専門家のネットワークにコネを作る努力も大切です。

相続税は申告税ですが、書類に違反が合った場合、追徴課税が行われます。ご自身で書類作成をされるときは、必ずその書類を専門家に見せ、アドバイスを貰いましょう。

相続税の支払いのために不動産を売るなら不動産買取で

親が亡くなってしまうと親の所有をしていた財産を相続として譲り受けることになるのですが、しかし相続をするということは相続税がかかってしまうということになるのでちょっと大変になってしまうんです。相続税自体が安ければ支払いができるのですが、しかし相続税はとても高くなっているので支払いをすることがとても大変になってしまうのです。なので不動産などを売ってお金にする必要があって売らないと支払いができないんです。

相続された不動産を売るなら不動産買取の方がおすすめになっているんです。なぜかというと従来の売り方は買い手が見つからないと売れないのでもしかしたら相続税に支払いに間に合わないかもしれないんです。不動産買取の場合は買い手が不動産となっているのですぐ売ることができるんです。

なのですぐにお金が必要となってしまう相続税の支払いのために売るなら、不動産買取で売ることが一番いいのかなと思いますのでぜひ検討をしてみてください

不動産としての遺産は相続のときに登記が必要

相続をするときには登記が必要だということも覚えておかなければなりません。これは遺産として不動産のある場合に限りますが、不動産というのは登記によって誰のものなのかという事が決められることになるのです。

登記と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと名義を変更するものだといえるでしょう。登記をすることによって、初めて誰のものなのかが決まるといえるでしょう。登記というのは、登記簿謄本に記載することを指します。登記簿謄本に掲載されることによって、誰の名義なのかという事が決まることになります。これがなければ、土地を売買するということもできないのです。

遺産相続をする人が一人なら面倒なことにはならないと思いますが、複数になると後々面倒なことになる場合もあります。きちんと登記をしておけば誰のものなのかを決める事ができるのですが、複数の相続人がいる場合には、登記をしなければ誰の所有物なのかが確定しませんから、後々トラブルになることも多いのです。


Back to Top