路線価が上がる?

路線価は、毎年変更されます。周辺地域で大規模な商業地の開発が行われた場合や、鉄道や新幹線が通った場合、国が指定する公共事業が行われた時など、さまざまな理由で路線価は上下します。

税理士路線価は、やや専門的な知識が必要です。道路や線路の値段を示すために設定され、日本中の土地の値段を一律で示す路線価は、財産相続において、非常に重要な数値です。相続税の申告は、速やかに行う必要があります。毎年7月に発表される路線価を元に、日本中で税金の申告が行われています。

路線価は専門的な知識が必要ですので、「相続税算定の参考になること」のみ覚えましょう。毎年7月に新たな路線価が発表され、毎年のように相続税の申告が行われています。他人事だと思わずに、早めに勉強を始めましょう。税金の知識は、すべての人にとって重要です。相続に関する勉強を行うことで、有利に取引が進められるでしょう。

ちなみに路線価は、個々の土地を直接定める指標ではありません。あくまでも、その地域の道路の地下を参考に、区画ごとに土地の値段の目安を算定しています。もっとも、土地の価格算定においても、路線価は大きな役割を果たします。不動産売買を希望される方は、路線価を参考にしましょう。また、簡単に急ぎで不動産売却を検討している場合は、土地を一括査定してくれる便利なサイトがありますので、そういったものに頼ると話が早いでしょう。

相続税額の理解には路線価の理解が必要

相続税にかかる財産の中で、大きな割合をしめるのが不動産にかかる部分です。多くの人々について不動産が一番大きな価値をしめることでしょう。

不動産について土地に関しては、国税庁が公表する路線価をもって査定することとなります。税理士さんは相続税を査定するために、みなさんが路線価をもとに査定するので、基本的にはどの税理士さんが評価しても同じ評価額となります。一般の方でも、国税庁のホームページで路線価を調べて、あとは決まった算式にあてはめれば、土地に関する相続税額を査定することは、容易です。

しかし誤解していけいないのは、この路線価というのはあくまでも相続税を定めるだけの基準(ものさし)であって、現在の土地の相場を表しているものではありません。土地の相場の基準となるものは、国土交通省が公表する「公示価格」というものです。

路線価はこの公示価格より一律2割安い水準で定められているのです。つまり相続税の査定の基礎となる路線価は、俗にいう相場と比較して、理論的には安い水準となっています。


Back to Top