相続税とは

相続とは、「お亡くなりになった人」の財産を子孫などが受け継ぐことです。相続権には優先順位があり、家族に優先的に財産が配分されます。相続税は、この相続財産に対する税金です。「3代相続すれば財産がなくなる」と言われるほど、日本の相続税は高額です。節税として、生前に財産を分与する方もおられます。

サボテン相続において、一番重要なのが、「配分される財産の割合」です。原則として、遺族の財産は、その家族が引き取ります。ただし、第三者や財団、公的機関などに財産が寄付される場合もあります。例として、孤児院や学校など、公共性が高く、資金の不正流用の可能性が著しく低い施設への財産分与は、その一部が寄付とみなされます。国に財産を寄進される方もおられます。

財産相続は、親類間のトラブルに発展します。遺言状がない場合、法的手続きが難航し、訴訟合戦に発展するケースもあります。生前贈与など、様々な取り決めを行うことで、トラブルを未然に回避できます。多額の財産をお持ちの方は、生前のうちに、専門家に相談しましょう

相続税が多額になる理由は、地価にあります。土地の値段は、高度経済成長期以降、おおむね上昇し続けています。駅前など、利便性の高い土地は、高額での売買がされています。財産相続は、税金との戦いです。早めに税金対策を始めましょう。

相続税の相談は税理士と弁護士どちらがいいか

遺産相続の際には、様々な手続きが必要となります。個人で出来る場合もありますが、内容によっては複雑で専門知識を要するケースもあります。そういった場合には税理士、弁護士、司法書士などの専門家に相談すると手続きがスムーズに進むことが多々あります。では、相続税に関する相談はどの専門家にするのがベストなのでしょうか。

一般的に、相続税に関しての相談は税理士が良いと言われています。相続する財産は不動産、預貯金、有価証券、生命保険などプラスの財産から借金、債務などのマイナスの財産まで様々です。これらの財産の種類によって、相続税の課税対象になるもの、ならないものとあります。

また、相続税の計算方法も決まっていて、相続人の人数や家族構成によっても金額は違ってきますし、それぞれの家族状況によっては控除がある場合もあります。税理士は、これらについて相談にのって節税対策などを行ってくれ、相続人の代わりに相続税の算出、申告、納税手続きを代行してくれます


Back to Top