Monthly Archives: 11月 2017

専門家に頼ろう

相続税の計算は、税理士などの専門家に任せましょう。税務署の判断を鵜呑みにせず、専門家が立ち会った上で、税金の支払額の交渉を行いましょう。原則、税金が支払えない場合、土地や家屋の相続はできません。相続放棄も視野に入れ、多様なプランを検討しましょう。

家と虹弁護士は、一般的な訴訟問題に加え、不動産に関する業務も行えます。もっとも、不動産相続を専門にしている弁護士事務所を利用した法が、より迅速に手続きが進むでしょう。大手事務所の場合、幅広い分野をカバーしており、大規模な相続案件への対応力も高いです。

相続税の算定は、税理士が行います。公認会計士の場合、税理士の資格登録を済ませる必要があります。税務の知識は広範に渡る上、専門性が深く、多くの書類が必要です。税務当局との話し合いにおいても、税理士が間に立つ事が多いです。

事務所選びは、第三者に任せましょう。大手事務所に相談した後、それぞれの種別のプロフェッショナルを紹介されるケースもあります。足元を見られないよう、専門家のネットワークにコネを作る努力も大切です。

相続税は申告税ですが、書類に違反が合った場合、追徴課税が行われます。ご自身で書類作成をされるときは、必ずその書類を専門家に見せ、アドバイスを貰いましょう。

相続税の支払いのために不動産を売るなら不動産買取で

親が亡くなってしまうと親の所有をしていた財産を相続として譲り受けることになるのですが、しかし相続をするということは相続税がかかってしまうということになるのでちょっと大変になってしまうんです。相続税自体が安ければ支払いができるのですが、しかし相続税はとても高くなっているので支払いをすることがとても大変になってしまうのです。なので不動産などを売ってお金にする必要があって売らないと支払いができないんです。

相続された不動産を売るなら不動産買取の方がおすすめになっているんです。なぜかというと従来の売り方は買い手が見つからないと売れないのでもしかしたら相続税に支払いに間に合わないかもしれないんです。不動産買取の場合は買い手が不動産となっているのですぐ売ることができるんです。

なのですぐにお金が必要となってしまう相続税の支払いのために売るなら、不動産買取で売ることが一番いいのかなと思いますのでぜひ検討をしてみてください

不動産としての遺産は相続のときに登記が必要

相続をするときには登記が必要だということも覚えておかなければなりません。これは遺産として不動産のある場合に限りますが、不動産というのは登記によって誰のものなのかという事が決められることになるのです。

登記と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと名義を変更するものだといえるでしょう。登記をすることによって、初めて誰のものなのかが決まるといえるでしょう。登記というのは、登記簿謄本に記載することを指します。登記簿謄本に掲載されることによって、誰の名義なのかという事が決まることになります。これがなければ、土地を売買するということもできないのです。

遺産相続をする人が一人なら面倒なことにはならないと思いますが、複数になると後々面倒なことになる場合もあります。きちんと登記をしておけば誰のものなのかを決める事ができるのですが、複数の相続人がいる場合には、登記をしなければ誰の所有物なのかが確定しませんから、後々トラブルになることも多いのです。

路線価が上がる?

路線価は、毎年変更されます。周辺地域で大規模な商業地の開発が行われた場合や、鉄道や新幹線が通った場合、国が指定する公共事業が行われた時など、さまざまな理由で路線価は上下します。

税理士路線価は、やや専門的な知識が必要です。道路や線路の値段を示すために設定され、日本中の土地の値段を一律で示す路線価は、財産相続において、非常に重要な数値です。相続税の申告は、速やかに行う必要があります。毎年7月に発表される路線価を元に、日本中で税金の申告が行われています。

路線価は専門的な知識が必要ですので、「相続税算定の参考になること」のみ覚えましょう。毎年7月に新たな路線価が発表され、毎年のように相続税の申告が行われています。他人事だと思わずに、早めに勉強を始めましょう。税金の知識は、すべての人にとって重要です。相続に関する勉強を行うことで、有利に取引が進められるでしょう。

ちなみに路線価は、個々の土地を直接定める指標ではありません。あくまでも、その地域の道路の地下を参考に、区画ごとに土地の値段の目安を算定しています。もっとも、土地の価格算定においても、路線価は大きな役割を果たします。不動産売買を希望される方は、路線価を参考にしましょう。また、簡単に急ぎで不動産売却を検討している場合は、土地を一括査定してくれる便利なサイトがありますので、そういったものに頼ると話が早いでしょう。

相続税額の理解には路線価の理解が必要

相続税にかかる財産の中で、大きな割合をしめるのが不動産にかかる部分です。多くの人々について不動産が一番大きな価値をしめることでしょう。

不動産について土地に関しては、国税庁が公表する路線価をもって査定することとなります。税理士さんは相続税を査定するために、みなさんが路線価をもとに査定するので、基本的にはどの税理士さんが評価しても同じ評価額となります。一般の方でも、国税庁のホームページで路線価を調べて、あとは決まった算式にあてはめれば、土地に関する相続税額を査定することは、容易です。

しかし誤解していけいないのは、この路線価というのはあくまでも相続税を定めるだけの基準(ものさし)であって、現在の土地の相場を表しているものではありません。土地の相場の基準となるものは、国土交通省が公表する「公示価格」というものです。

路線価はこの公示価格より一律2割安い水準で定められているのです。つまり相続税の査定の基礎となる路線価は、俗にいう相場と比較して、理論的には安い水準となっています。

相続税とは

相続とは、「お亡くなりになった人」の財産を子孫などが受け継ぐことです。相続権には優先順位があり、家族に優先的に財産が配分されます。相続税は、この相続財産に対する税金です。「3代相続すれば財産がなくなる」と言われるほど、日本の相続税は高額です。節税として、生前に財産を分与する方もおられます。

サボテン相続において、一番重要なのが、「配分される財産の割合」です。原則として、遺族の財産は、その家族が引き取ります。ただし、第三者や財団、公的機関などに財産が寄付される場合もあります。例として、孤児院や学校など、公共性が高く、資金の不正流用の可能性が著しく低い施設への財産分与は、その一部が寄付とみなされます。国に財産を寄進される方もおられます。

財産相続は、親類間のトラブルに発展します。遺言状がない場合、法的手続きが難航し、訴訟合戦に発展するケースもあります。生前贈与など、様々な取り決めを行うことで、トラブルを未然に回避できます。多額の財産をお持ちの方は、生前のうちに、専門家に相談しましょう

相続税が多額になる理由は、地価にあります。土地の値段は、高度経済成長期以降、おおむね上昇し続けています。駅前など、利便性の高い土地は、高額での売買がされています。財産相続は、税金との戦いです。早めに税金対策を始めましょう。

相続税の相談は税理士と弁護士どちらがいいか

遺産相続の際には、様々な手続きが必要となります。個人で出来る場合もありますが、内容によっては複雑で専門知識を要するケースもあります。そういった場合には税理士、弁護士、司法書士などの専門家に相談すると手続きがスムーズに進むことが多々あります。では、相続税に関する相談はどの専門家にするのがベストなのでしょうか。

一般的に、相続税に関しての相談は税理士が良いと言われています。相続する財産は不動産、預貯金、有価証券、生命保険などプラスの財産から借金、債務などのマイナスの財産まで様々です。これらの財産の種類によって、相続税の課税対象になるもの、ならないものとあります。

また、相続税の計算方法も決まっていて、相続人の人数や家族構成によっても金額は違ってきますし、それぞれの家族状況によっては控除がある場合もあります。税理士は、これらについて相談にのって節税対策などを行ってくれ、相続人の代わりに相続税の算出、申告、納税手続きを代行してくれます

路線価は変更される

家と電卓路線価とは、「その土地にいくら位の価値があり、相続税はいくらになるのか」を決める目安です。実勢値という概念もありますが、ここでは省略します。土地や家屋を相続するとき、必ず相続税がかかります。特に、大規模な土地を相続する場合、巨額の相続税が発生し、結果的に土地を手放す方もおられます。

路線価のメリットは、不動産業者に土地を売却する際に、路線価に設定されている値段を口実に、価格交渉ができる事です。路線価があることで、不当な値段で土地や建物を売りつけられるリスクを回避出来ます。路線価は、毎年7月に国税庁が発表しています。

路線価のデメリットは、土地の値段を画一化して決めてしまうことです。そのため、地域の内情を把握せず、転売目的で土地を購入する存在を防げません。株や債券のように、土地を高額で転売し、利益を得る業者が後を絶たなかった時代もありますので、警戒が必要です。

路線価は厳密に算定され、地域の経済発展状況や、その土地に対するニーズを反映した価格設定がされています。最も路線価が高い都市は東京23区です。銀座の商業地は「一等地」と呼ばれ、坪単価が1億円近くに及ぶケースもあります。

土地の厳密な価格算定は、不動産鑑定士に依頼しましょう。通常、個人が鑑定を直接依頼することは少なく、不動産会社が依頼を出す事が一般的です。不動産を購入されるときは、路線価にこだわらず、「その土地をどう使うか」まで考えましょう。その地域の「土地柄」を理解してから、土地を購入しましょう。

土地の売買に関して税理士を紹介してもらう

田舎の方に土地を持っている。昔景気の良かった時に、これから開発が進んで、地価が上がるから購入しないかと勧められて購入した土地だ。あれから数十年経ったが、いまだに自然がいっぱいで、夏はキャンプをするのに最適な場所だ。このまま土地を持っていてもかまわないのだが、固定資産税の支払いが気になって来た。遊ばせてある土地の維持費だと思えば、気にもならない額だが、だんだん支払額が上がって来ているのだ。そこで、税金に詳しい税理士を紹介してもらい、相談する事にした。

このまま土地を持ち続けるメリットは多いが、税金の負担は増えるのが確実なので、その辺の理解は必要との事だった。これから地価が上がるのなら現状維持でも良いが、先行きが不透明なら一旦手放して、他の土地を購入した方が良いのかも知れないと思った。税理士も将来性がないのなら、手放した方が節税になるので賛成だとの事だったので、手放す事にした。それでも購入価格より高く売れたので、良かった。

Back to Top